銀泉いづみけん GINSEN/www.izumiken.com
「命の旅」の途中、出逢えたものの感動を、金属に結晶してみました。台東区浅草2-26-5
お勧めリンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

GINSEN 泉健一郎

Author:GINSEN 泉健一郎
いづみ けん

神奈川県横浜出生
(お茶の水)文化学院卒
日本国内行脚の旅
株式会社『白金』14年間勤務のち独立
伝統工芸士
文化学院『金工』もと非常勤講師12年間
日本彫金会会員
東京金銀器工業協同組合常務理事
現在浅草に工房・店舗・教室開設
 台東区浅草2-26-5
 TEL 03-3841-7361



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ご意見・お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


漆とのコラボレーション
再びティーキャディスプーン(紅茶葉をすくう匙)の製作依頼がありました。漆部分は輪島の若島英孝氏、火と茶畑の土を表し、柄部分を水ということで銀製お任せデザインです。雫を表現してみました。IMG_038400.jpg
IMG_036900.jpg
IMG_039000.jpg
 
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
ティーキャディーに銘はないのですか?

火と土と水の組み合わせは心惹かれます。
土と水は茶葉を育てるのになくてはならないもの。
火と水はお茶を点てるのに欠かせないもの。
そして、味わいは水の中に込められるのですね。
【2008/04/18 17:24】 URL | 天邪鬼 #- [ 編集]

コメントありがとうございます。
銘はお使いになるお方がつけられてよろしいのではと思います。もし私ならば、ちかすい、地火水とでも名づけましょうか。或いは風空でしょうか。
【2008/04/21 10:05】 URL | いづみけん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://izumiken.blog66.fc2.com/tb.php/23-549e2dc5



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。