銀泉いづみけん GINSEN/www.izumiken.com
「命の旅」の途中、出逢えたものの感動を、金属に結晶してみました。台東区浅草2-26-5
お勧めリンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

GINSEN 泉健一郎

Author:GINSEN 泉健一郎
いづみ けん

神奈川県横浜出生
(お茶の水)文化学院卒
日本国内行脚の旅
株式会社『白金』14年間勤務のち独立
伝統工芸士
文化学院『金工』もと非常勤講師12年間
日本彫金会会員
東京金銀器工業協同組合常務理事
現在浅草に工房・店舗・教室開設
 台東区浅草2-26-5
 TEL 03-3841-7361



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ご意見・お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


製作依頼 ティーキャディ 1
20070924110506.jpg
 
英国アンティーク銀器に携わる日本のあるお方から、ティーキャディ(紅茶葉用スプーン)新作を依頼されました。四季を主題にまずはサクランボ(赤色は緋銅)です。以下は製作工程。

20070924112224.jpg
2.5ミリ厚の板を切り抜く。

20070924112436.jpg
ボウルの部分を横に金槌で延べていく。

20070924112512.jpg
ハンドル部分を厚く細く長く延べる。

20070924112548.jpg
木台の窪みでボウル部分を、先の丸い木槌でこごめた後、鉄の丸い当てがねを当て、裏から金槌にて叩いてボウルを形作る。

20070924112625.jpg
パーツを揃える。サクランボ玉は銅板を丸く絞り、熱処理にて銅の持つ赤色を固定する。緋銅。

20070924112728.jpg
桜の葉の形をシンプルに極めて、研磨。

20070924112842.jpg
二本の銀線を本体にロウ付け後、赤球を通してハンドル先でキャップを被せて、要所をスズ付け。

20070924112958.jpg

つぎの第二作はいつになるやら、乞うご期待。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。