銀泉いづみけん GINSEN/www.izumiken.com
「命の旅」の途中、出逢えたものの感動を、金属に結晶してみました。台東区浅草2-26-5
お勧めリンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

GINSEN 泉健一郎

Author:GINSEN 泉健一郎
いづみ けん

神奈川県横浜出生
(お茶の水)文化学院卒
日本国内行脚の旅
株式会社『白金』14年間勤務のち独立
伝統工芸士
文化学院『金工』もと非常勤講師12年間
日本彫金会会員
東京金銀器工業協同組合常務理事
現在浅草に工房・店舗・教室開設
 台東区浅草2-26-5
 TEL 03-3841-7361



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ご意見・お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


生成流転
>みなさま、お元気ですか。ひさびさの大作に取組んでいました。ごらんください。4.jpg
すこしずつ重ねないよう叩きます。5.jpg
ひととおり打ちならすと分子が詰まって手をつなぎ、かたくなって言うことをきかなくなります。6.jpg
バーナーで強い火にかけ、柔らかくします。分子がお風呂に入ったようにホッとしてつないだ手を緩めます。11.jpg
何度も繰り返し、内側に鉄の当てがねを添えて、金鎚木槌で絞り込みます。15.jpg
徐々に形が生まれてきます。17.jpg
隙間に見えるのが鉄の当てがねです。打つ形状によって何本も必要になり、見えない仕事になります。生成流転工程 003
もう何回火をくぐったことでしょう。生成流転工程 043
純金のやすり粉を叩いて潰します。これを本体にふりかけます。」生成流転工程 044
ほどよい火をかけ鉄の棒で押し付けます。生成流転工程 019
平たい金槌で叩き込みます。生成流転工程 024
再び絞り込んでは火で柔らかくしてまた叩き繰り返します。生成流転工程 023
生成流転工程 018
金槌を光らせておくと、叩かれた銀は素直なのでその光沢を自分のものにしてしまいます。すると日が差して生成流転工程 016
ごらんくださいこの宇宙。鎚跡ひとつひとつに太陽が反射して、床天井に星の光屑を撒き散らします。生成流転工程 028
さらに絞込み形を整えます。生成流転工程 032
内側にサラダ油をひいて生成流転工程 033
松脂と地の粉と油を溶かし流し込みます。生成流転工程 040
松脂が冷めて固まりかけた頃いよいよ模様打ち、楽しい工程です。生成流転工程 051
見えない底にもおおきな渦を造ります。夕日があたって金色に。生成流転工程 050
次の日冷めて硬くなりすぎないよう、夜寝るときはは電気あんかで服を被せ保温しておきます。生成流転工程 058
模様打ち終えいよいよ松脂の取り出し作業です。五徳を用意。生成流転工程 066
いきなり炙ると爆発するので、こをごわ口元から暖め溶かし出します。生成流転工程 070
二時間ほどかけ終わりの頃一気に流れ出します。生成流転工程 072
中がきれいになったら、いよいよ仕上げです。ムトウハップ原液を塗り、銀の変色を先取りします。生成流転工程 073
ドライヤーで乾かし硫化させて後、生成流転工程 078
重曹水洗いで進行を止めます。あえて剥かず、宇宙の漆黒闇を表現します。完成。生成流転工程 075
宇宙に満ちているエネルギーは増えもせず減りもせず、形を変えて在り続けているのではないかと思います。生も死も相反せずに成長つづけながら、変化し続けるひとつの現象と思えば、楽な気持ちになりませんか。生ずるまま、成るがまま、流れるまま、転ずるまま。生成流転工程 079
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
お疲れ様
製作過程をたどると、ほんとうにご苦労、ご苦心なさったのだ、ということが解ります。
いぶし銀のも美しいと思いましたが、宇宙とは違ったものですね。完成作品こそが、『生成流転』を名乗れるのだ、とあらためて感じました。
【2007/11/14 17:28】 URL | 天瓢 #- [ 編集]

ありがとう
コメントほんとにありがとうございます。
形は三年前からたたきはじめ、三ヶ月ほどして途中ほったらかしでした。教室の若い人に背中を押され、この一ヶ月で集中完成いたしました。日々生業の仕事もありますが、深夜早朝休日返上であきらめることなく、コンクール納期限ぴたりに間に合いました。結果は問題にせず、好きなように創り、ただ間に合うことが夢でした。
天瓢さま、会場にも見に行かれ恐れ入ります。
【2007/11/14 20:06】 URL | いづみけん #- [ 編集]

流転の渦
会場で拝見した『生々流転』は、他の受賞作品を圧倒し迫ってくるものがありました。工芸品という枠に収まりきらない何かを感じたからでしょう。生と死とは、相反するものではない、という想いはたしかですが、親しい人が他界したり、一歳半で夭折した吾が子ゆえに年賀状欠礼するというハガキを受け取った本日は、やや受け止めがたい心持もあります。
渦をなして流れ、変化もいとわず、いずれ再会も、と考えるのがむずかしいこともありますね。
とても、大切な人と出会ってしまった時も、何故か受け止めがたい気がします。
【2007/11/21 17:59】 URL | 天瓢 #- [ 編集]

まいったなぁ
確かにそのとおりですね。生と死が裏表のひとつのものだなんて、平常ではそう思っていても、知人ましてや身内の大切な人とのお別れに面してしまった際には、そんな思いは吹き飛んで悲嘆にくれるのが実際ですよね。
私も大切な弟が四年前に光の国へ旅立ちました。それは悲しさ以上の胸えぐられるようなおもいでした。しかし上記のような見方をすると、いくらかなりともこころ安らぐ気持ちになれたのは事実です。亡くしたという言葉をあえて使わないのは、死んで終わりとは思えないからです。千の風のようにそのいのちは自由に大きな空を飛び回っていると思います。またその気配を随所に感じるのです。
【2007/11/23 00:11】 URL | いづみけん #- [ 編集]

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/prfieeel/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/prfieeel/?mode=edit&

【2007/11/25 22:41】 URL | みんな の プロフィール #- [ 編集]

こんばんは
今日はどうもありがとうございました。
久しぶりの高島屋とても楽しかったです。
入場料もいらずこんなに興味深い時間過ごせたこと、ありがたく思っております。
シルバーの渋さと和風な感じ、ぴったりだと思いました。
わたしのお気に入りが一つ増えました。また来松の際は教えてくださいね。
【2010/06/02 21:17】 URL | 平岡ゆかり #vh1DDgwQ [ 編集]

すみません、長いこと保管されたまま、今頃きづきました。ほおづきのペンダントをお求め下さり、ありがとうございました。またお伺いできれば、お知らせいたします。あとひと月の冬、お体お大切に。  20110205
【2011/02/05 19:32】 URL | いづみけん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://izumiken.blog66.fc2.com/tb.php/21-54eba7c0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。